急成長を続けるC.J.マッカラムがすごいんだ


エリートプレーヤーに躍り出た、

 

C.J.マッカラム(ポートランド・トレイルブレイザーズ)。

Instagram(CJMcCollum@3jmccollum)https://www.instagram.com/p/BQsb1uzFUEP/?taken-by=3jmccollum

 

スポンサーリンク
 

・旬

4年連続でプレーオフに出場したものの、1回戦でゴールデンステイト・ウォリアーズに敗れたポートランド・トレイルブレイザーズ(41勝41敗)。ダミアン・リラードとC.J.マッカラム(CJ McCollum)のパワフルなガードコンビが見どころのそのチームの未来は、彼らがまだ出し切れていないバスケットのポテンシャルにかかっている。特に、15-16シーズンに大ブレイクしMIPを受賞したCJマッカラムは昨季もブレイザーズの中心選手として大活躍した。

 

ブレイザーズの先発を任されて2年目となった16-17シーズンは80試合で先発し平均35分、23得点、FG成功率48%(8.7-18.0)、3P成功率42.1%(2.3-5.5)、FT成功率91.2%(3.4-3.7)、3.6アシスト、3.6リバウンド、0.9スティール、2.2ターンオーバーを記録。ターンオーバーも少なく、シュートの成功率や得点などでキャリアハイをマークするなど、MIP受賞に甘んじることなく成長し続けた。

 

得意のジャンプショットがさらに磨きがかり、毎試合コンスタントに得点し続けた。出場した80試合のうち76試合で2桁得点を記録し(リーグ8番目)、51試合で20得点以上をもぎ取り(リーグ20番目)、15試合で30点以上の爆発(リーグ14番目)。そして、アウトサイドの成功率42.1%はリーグ7位で、フィールドゴールを沈めた数もリーグ7位となった。フリースローの成功率91.2%にいたっては、2年連続でステフィン・カリーがリーダーだったが、16-17シーズンはマッカラムがトップに躍り出た。

 

16-17季マッカラムまとめ(5分27秒)

 

広告
 

スターターとなって2年目でここまで結果を残せる選手はそう多くない。安心して見れる感じ。2季連続で80試合に先発し平均35分プレーできるタフさも半端ないと思う。

 

CJマッカラムは1シーズンで少なくとも平均23得点、FG成功率48%、3P成功率40%、FT成功率90%以上を達成したNBA史上6人目の選手となり(他はダーク・ノビツキー3回、ステファン・カリー2回、ラリー・バード2回、ケビン・デュラント1回、プレドラグ・ストヤコヴィッチ1回)、16-17シーズンにおいてFG成功率を48%以上保ちながら平均22得点以上を記録した8人のうちの1人となった(レブロン・ジェームズ、カワイ・レナード、カール・アンソニー・タウンズ、ヤニス・アデトクンボ、ブラッドリー・ビール、ケビン・デュラント、アンソニー・デイビス、CJマッカラム)。そして、この8人の中でマッカラム以上のスリー成功率を記録した選手はいない。

 

ここで16-17シーズンの彼のショットチャートをみてみる。

 

ジャンプシュートの上手さが良く分かるチャートだと思う。もはやNBAトップクラスのシューティングガードの仲間入りをしたといってもよく、プルアップシュートに関してはNBAベストかどうかの話題を投げてみてもおもしろそうだ。

 

1試合当たりのプルアップシュートにおけるデータ

FG成功数 FG試投数 成功率
Rウエストブルック 4.6 12.3 37.1%
Dデローザン 4.6 10.8 42.8%
Cポール 4.4 9.6 46.1%
Kアービング 3.8 9.1 41.9%
Cアンソニー 3.7 9.0 41.4%
Cマッカラム 4.0 8.6 46.2%
Sカリー 3.1 7.9 38.8%

NBA.comより

 

NBA5年目を迎える25歳のCJマッカラムは、今度はどのような成長をみせてくれるのだろうか。1つにはマッカラムのシュートのうち50.4%が2点シュート、42.1%はスリーとなっているので、スリーの比率が高まることが予想される。また、フェイドアウェイやステップバックを使ったジャンプショットが増えるかもしれない。

 

そして、ディフェンスについてはキャリアを通して弱点となっているだけに、どこまでカバーできるかも注目どころ。そもそもブレイザーズの課題はディフェンスであり、リラードとマッカラムというオフェンスのエンジンがいる一方、ディフェンスではサイズの不利からそこに付け込まれる場合がある(両者とも190センチ)。マッカラムのディフェンス力向上とチーム全体でのディフェンス力向上が次の大きなステップとなるだろう。

 

今季最多キャリアハイの43得点!(6分52秒)

 

スポンサーリンク
 

バスケットが好きなら(tipsPie.com

【バスケ】ユーロステップの仕方、コツ、参考動画(NBA)

バスケでタフショットを高確率で決めるコツ、参考動画(NBA)

バスケでのゴール下パスの仕方、コツ、参考動画(NBA)