ルー・ウィリアムズ最多44点で驚異の猛攻もサンダーに惜敗


今日のイチオシは、

 

ルー・ウィリアムズ(ロサンゼルス・レイカーズ)。

luis

AP Photo/Mark J. Terrill

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
サンダー 32 28 30 27 117
レイカーズ 28 25 32 28 113
L・ウィリアムズ 5 9 7 23 44

参考:ESPN

 

ロサンゼルス・レイカーズのホームにオクラホマシティ・サンダーを迎えた試合。現地8日に行われたその一戦でレイカーズのシューティングガード、ルー・ウィリアムズ(Louis Williams)がキャリアハイとなる44得点のうち23得点を第4Qにマークするなど素晴らしく驚異的なパフォーマンスを披露した。今季NBA11年目29歳のルーウィリアムズは35分出場し44得点2リバウンド1アシスト2スティール1ターンオーバーを記録。FG25本中スリー5本を含む12本を成功させ、もらったFT15本をすべてパーフェクトで締めた。昨シーズン在籍したトロント・ラプターズではレギュラーシーズンのシックスマン賞に輝いたルーだが、最近のレイカーズではスターターで起用されることが多くなっている。今季平均14.1得点の彼はここ5試合で平均25.6得点FG成功率46.8%(7.2-15.4)3P成功率41%(3.2-7.8)FT成功率90.9%(8.0-8.8)とオフェンスでは素晴らしい活躍を見せている。

 

ルーのハイライト(4分51秒)

 

広告
 

第4Q残り約9分までレイカーズ11点ビハインドの85-94。しかし、驚異の猛攻を果たしたルーウィリアムズの17点を含む19-5のランが成功し一気に逆転、接戦になる(残り4:18,104-101)。

試合終了まで1分58秒とした場面でルーが3本のフリースローを沈めて110-107のレイカーズ3点リードにしたが、そこからサンダーのラッセル・ウエストブルックとスティーブン・アダムズが計7点連打で110-114になった(残り49秒)。

最終Qあと18秒でジョーダン・クラークソンがスリーを決めて再び手に汗握る展開へ(113-114)。13秒でルーからファウルされたウエストブルックが2本のフリースローのうち1本を決めた(113-115)。その後のポゼッションでレイカーズのコービー・ブライアントがケビン・デュラントにタフなディフェンスをされながらも挑んだショットを外しサンダーに軍配が上がった。サンダーは最近の18試合で15勝しており、対レイカーズ戦では7連勝と得意にしている。

 

右肩の痛みに悩まされているコービーは19得点6アシスト4リバウンド、ジョーダンクラークソンは17得点3リバウンド、ラリー・ナンスJrは8得点6リバウンド、ロイ・ヒバートは8得点2リバウンド、途中出場のブランドン・バスは8得点5リバウンド3アシストだった。サンダーのラッセルウエストブルックは36得点12リバウンド7アシスト、ケビンデュラントは24得点7リバウンド2アシスト、スティーブン・アダムズは10得点6リバウンド2アシスト、ベンチスタートのエネス・カンターは15得点9リバウンド、キャメロン・ペインは11得点をマークした。

 

レイカーズ(8-30)は明後日ユタ・ジャズと、サンダー(26-11)は明後日ポートランド・トレイルブレイザーズと対戦する。

 

今日の好プレー

ウインドミル!、(レブロン、31秒)

 

これぞ!、(ウェイド、30秒)

 

スポンサーリンク
 

 

レイカーズの関連記事

コービー・ブライアント今季2度目の30点越えでナゲッツに勝利2015年12月23日

調子良いデアンジェロ・ラッセルの活躍でレイカーズがバックスに快勝2015年12月16日

31得点のコービー・ブライアント、シーズンハイでウィザーズ破る!2015年12月3日