ジミー・バトラー32得点でバックス破り5連勝導く


今日のイチオシは、

 

ジミー・バトラー(シカゴ・ブルズ)。

jimmy

Photo by Jonathan Daniel/Getty Images

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
バックス 28 33 28 17 106
ブルズ 36 31 27 23 117
J・バトラー 12 8 8 4 32

参考:ESPN

 

シカゴで行われたホームのブルズとミルウォーキー・バックスの一戦。セントラルディビジョン同士の対決となった現地5日のこの試合でブルズの点取り屋、ジミー・バトラー(Jimmy Butler)が今日もスコアラーぶりを披露した。彼はチーム最長の39分出場し32得点10アシスト2リバウンド1スティール2ターンオーバーを記録。21本放ったショットのうち11本を沈め、もらった8本のFTはすべて成功させた。10アシストはシーズンハイとなり今季2度目のダブルダブルを達成した。NBA5年目26歳のジミーバトラーは前試合のトロント・ラプターズ戦の後半に40得点をマークし、マイケル・ジョーダンが持っていたハーフにおけるチーム得点記録(39点、1989年2月16日vsバックス)を更新した。その試合では42得点をあげ115-113の勝利に大きく寄与している。

 

バトラーのハイライト(3分37秒)

 

広告
 

バトラーが前半だけで20得点を記録するなどリズムを保ち続けたブルズが6点リードの67-61で後半へ。しかし、第3Q残り3分59秒(88-78)からバックスは2-11のランを成功させ90-89の1点差まで詰め寄る。流れがバックスに行きかけたもののシカゴはそこから最終Qにかけて8-0とシャットアウト。バトラーとデリック・ローズ、パウ・ガソルらが中心となって試合をコントロールしたブルズがそのまま勝利を手にしシーズンベストの5連勝を飾った。

ローズは右ハムストリングの痛みにより3試合連続で欠場していたが、今日の試合ではその影響を見せることなく35分出場し16得点(FG8-17)6アシストを収めた。

 

パウガソルは26得点11リバウンド5アシスト3ブロック、ニコラ・ミロティッチは14得点6リバウンド、タージ・ギブソンは11得点14リバウンド、途中出場のボビー・ポーティスは8得点8リバウンドだった。ガードのジェリッド・ベイレスを左足首の負傷で欠いたミルウォーキーのクリス・ミドルトンは26得点7アシスト4リバウンド、マイケル・カーター=ウィリアムズは20得点12アシスト2スティール、ヤニス・アデトクンボ18得点7リバウンド4スティール、グレッグ・モンローは13得点12リバウンド、ジャバリ・パーカーは11得点7リバウンド、ベンチスタートのジョン・ヘンソンは6得点4リバウンド2ブロックをマークした。

 

ブルズ(21-12)は明後日ボストン・セルティックスとバックス(14-23)は現地金曜日ダラス・マーベリックスと対戦する。

 

今日の好プレー

わ!(マクギー、30秒)

 

残り1秒でフェイクかけれる度胸よ、それいけ(デロン・ウィリアムズ、59秒)

 

スポンサーリンク
 

 

ブルズの関連記事

攻撃力のある2年目ダグ・マクダーモットの見えてきた課題とは2015年11月29日

シーズンハイのジミー・バトラーが勝負所で活躍しブルズ4連勝2015年11月19日