デマーカス・カズンズ33得点19リバでサンダー破る


今日のイチオシは、

 

デマーカス・カズンズ(サクラメント・キングス)。

cus

AP Photo/Sue Ogrocki

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
キングス 31 37 22 26 116
サンダー 33 33 16 22 104
D・カズンズ 10 8 6 9 33

参考:ESPN

 

右足の親指の痛みによりケビン・デュラントを欠いたオクラホマシティ・サンダーとサクラメント・キングスの試合。現地4日にサンダーのホームで行われたこの一戦ではキングスのオールスタービッグマン、デマーカス・カズンズ(DeMarcus Cousins)が試合の要所でチームを牽引するプレーを見せ14勝目に大きく貢献した。今季NBA6年目25歳のデマーカスカズンズは38分出場しスリー2本を含む33得点19リバウンド1アシスト2ブロック1ターンオーバーを記録。2試合連続の30点越えとシーズンハイとなる19リバウンドでキングスは2連勝中だ。カズンズは今シーズンキャリアハイとなる平均24.4得点をマークしている。

 

カズンズのハイライト(3分44秒)

 

広告
 

第1Qにサクラメントは14-31と大きく引き離されたが、そこからデマーカスカズンズの8得点を含む17-0のランが成功し31-33で終える。第3Qの終盤には9-2のチャージで90-82とキングスが抜け出した。

最終Q残り3分10秒(108-100)で速攻からルディ・ゲイがバスケットカウントの3点プレーを成立させて111-100に。サンダーは連鎖的なオフェンスの流れをつかめず、そこから2本のシュートしか成功できなかった。デュラントが欠場した分ラッセル・ウエストブルックに期待がかかり、彼は17得点15アシスト8リバウンドを記録したものの、後半のシュートが15の2とタッチに苦しんだ。第3Qには8本のショット全てを落とし、試合全体ではFG26.1%(6-23)となった。カズンズは試合後語った。

 

「KDが欠場したことが俺らにプラスになったのは間違いないよ。彼がいなかったのは大きかったようだね。ディフェンスも少しラクになったし。今日はラスにフォーカスすることが出来て、他の選手にシュートさせることもできた。だから俺らは勝てたんだ」

 

レイジョン・ロンドはトリプルダブル級の13得点19アシスト9リバウンド5スティール、ルディゲイは16得点5リバウンド、途中出場のダレン・コリソンは14得点4アシスト、マルコ・ベリネリは21得点、コスタ・クーフォスは8得点8リバウンド4ブロックだった。サンダーのサージ・イバカはシーズンハイの25得点と7リバウンド5ブロック、スティーブン・アダムズは15得点10リバウンド、アンソニー・モロウは20得点、ベンチスタートのキャメロン・ペインは11得点5リバウンドをマークした。

 

キングス(14-20)は明日ダラス・マーベリックスと、サンダー(24-11)は明後日メンフィス・グリズリーズと対戦する。

 

今日の好プレー

ラビーン!(32秒)

 

スィモンズ!!(32秒)

 

スポンサーリンク
 

 

キングスの関連記事

オムリ・カスピ3P9本キャリアハイ36得点もGSWに黒星2015年12月29日

キングスのレイジョン・ロンドが全盛期並みに元気2015年12月15日

3試合ぶりのデマーカス・カズンズ31得点で好調のダラス破る2015年12月1日

シュート力が武器になってきた、オムリ・カスピ2015年11月22日