ドレイモンド・グリーン躍動でキャブスとのクリスマスマッチ制す


今日のイチオシは、

 

ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)。

green3

AP Photo/Marcio Jose Sanchez

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
キャブス 19 23 17 24 83
GSW 28 17 19 25 89
D・グリーン 10 2 4 6 22

参考:ESPN

 

NBAファイナルのリマッチとなった現地25日のゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズ。ウォリアーズのホームで行われたこのクリスマスゲームは両チームロースコアだっただけに手に汗握る展開となった。この試合でゴールデンステイトのドレイモンド・グリーン(Draymond Green)が攻守にわたる活躍をみせ、チームにレギュラーシーズン28勝目をもたらした。今季NBA4年目25歳のグリーンは最長の39分出場し22得点15リバウンド7アシスト2ブロック4ターンオーバーを記録。今日の試合を含めた直近の5試合でも平均19.6得点11.7リバウンド7.2アシスト1.2ブロック1.6スティール、FG成功率48.3%3P成功率53.3%と絶好調だ。

 

グリーンのハイライト(4分46秒)

 

広告
 

第1Qにドレイモンドグリーンが10得点6リバウンドするなどチームを牽引しウォリアーズがリードするも、第2Qにキャブスのレブロン・ジェイムズを中心に反撃。ゴールデンステイト3点リードの45-42で後半へ。

昨季のNBAファイナルを欠場したケビン・ラブとカイリー・アービング(1戦目で離脱)が参加したものの、クリーブランドのオフェンスにほとんど貢献することが出来なかった(ラブFG5-16で10得点、アービングFG4-15で13得点)。彼らがリズムをつかめない間に第4Qの後半にクレイ・トンプソンとグリーンがショットを決めて10点差になる(残り3:47,81-71)。

 

しかし、レブロンが2本のシュートとトンプソンへのブロックを成功させ、ラブのティップインを呼び込んだ(残り約2分,81-77)。その後、ジェイムズは2本のFTを外し、ステファン・カリーの2本のレイアップ、次いでJ.R.スミスのスリーで85-80(残り57.6秒)。残り12.7秒でレブロンジェイムズが放ったアウトサイドがエアボールとなりウォリアーズがそのまま逃げ切った。

 

レギュラーシーズンのホームでの勝ち星を32に伸ばしたウォリアーズのステファンカリーは19得点7アシスト7リバウンド2スティール、トンプソンは18得点6リバウンド、アンドリュー・ボガットは4得点7リバウンド4ブロック、途中出場のショーン・リビングストンはシーズンハイの16得点(FG8-9)、アンドレ・イグダラは7得点3アシストだった。カリーが第2Qの途中で右ふくらはぎの痛みにより一時ロッカールームに下がったが、再び戻りこの試合37分出場した。クリーブランドのレブロンは25得点9リバウンド2アシスト、スミスは14得点、アービングは13得点3リバウンド、ラブは10得点18リバウンド4アシスト、ベンチスタートのトリスタン・トンプソンは8得点10リバウンド、マシュー・デラベドバは10得点5リバウンドをマークした。

 

今回のクリスマスゲームは長距離合戦にはならなかった。ウォリアーズの3P成功率は27.8%(5-18)。カリー1-4、トンプソン1-4、イグダラ1-5など。キャブスも16.7%(5-30)。ラブ0-5、アービング0-6、マシュー0-3など。

 

ウォリアーズ(28-1)は現地月曜日サクラメント・キングスと、クリーブランド(19-8)は明日ポートランド・トレイルブレイザーズと対戦する。

 

レブロンとカリーの取り合い(1分7秒)

 

スポンサーリンク
 

 

GSWの関連記事

今最高にアツいクレイ・トンプソンに注目してみた2015年12月23日

ウォリアーズ開幕24連勝!ステファン・カリー38得点でセルツとの2OTの激戦制す2015年12月12日

ステファン・カリー3P9本44得点でキャリアハイのロウリーとのバトルに打ち勝つ2015年12月6日

ウォリアーズのイアン・クラーク、シャープシューターぶりが良い感じ2015年12月5日

2試合連続トリプルダブルのドレイモンド・グリーン 開幕18連勝に貢献2015年11月29日