コービー・ブライアント今季2度目の30点越えでナゲッツに勝利


今日のイチオシは、

 

コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)。

kobe2

Photo by Bart Young/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
レイカーズ 26 25 32 28 111
ナゲッツ 34 30 16 27 107
K・ブライアント 13 0 7 11 31

参考:ESPN

 

先月に今季終了後の引退を表明したロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアント。37歳のそのオールスターは現地22日にデンバーで行われたナゲッツとの試合で暖かい歓迎と大きな声援をもって迎えられた。コービーブライアントはその試合でシーズンハイタイ、今季2度目の30点越えとなる31得点をマークしチームの勝利に貢献。32分出場し31得点5アシスト3リバウンド1スティール1ブロック1ターンオーバーを記録した。FG22本中10本を沈め、11本のFTのうち9本を決めた。前試合のオクラホマシティ・サンダー戦を右肩の痛みにより欠場したコービーは、出場した最近の4試合で平均25得点(FG成功率50.7%3P成功率35.5%)5.3リバウンド5アシスト1.3ターンオーバーを記録しており、今季のパフォーマンスを考えるとかなりポジティブな方向に向かっている。嬉しいっす(^ω^)

 

ブライアントのハイライト(4分59秒)

 

広告
 

前半をレイカーズ13点ビハインドの51-64で折り返す。しかし、第3Qに得点やアシストなどでチームのオフェンスを牽引したコービーを中心に反撃を開始し27-10のランを成功させた。83-80で突入した最終Q残り1分23秒(103-100)からブライアントは2本のフリースローと、勝利を大きく引き寄せるジャンパーを成功させ107-100としたレイカーズが逃げ切った。そのジャンパーは十分にボールをキープした後のドライブ、ターン、フェイドアウェイシュートというまさにコービーらしい一品だった。バイロン・スコットHCは試合後語った。

 

「彼はとても良いメンターになっているよ。毎試合どのようにプレーするべきかということを見せようと努めているんだ」

 

ジョーダン・クラークソンは19得点8リバウンド3スティール、ルー・ウィリアムズは17得点5アシスト4リバウンド、ラリー・ナンスJrは10得点2リバウンド、途中出場のジュリアス・ランドルは8得点10リバウンド、ブランドン・バスは11得点6リバウンド4ブロックだった。ナゲッツのゲイリー・ハリスは21得点、ケネス・ファリードは14得点9リバウンド、ジャミーア・ネルソンは5得点8アシスト、ベンチスタートのウィル・バートンは25得点8リバウンド、ニコラ・ヨーキッチは15得点10リバウンド5アシスト、ランディ・フォイは9得点6リバウンド4アシストをマークした。また、ダニーロ・ガリナリは左足首、エマニュエル・ムディエイは右足首の負傷で欠場した。

 

レイカーズ(5-23)は明日オクラホマシティ・サンダーと、ナゲッツ(11-17)は明日フェニックス・サンズと対戦する。

 

今日の好プレー

ドラドラ!(アンドレドラモンド、30秒)

 

マイアミのダンク祭り(1分32秒)

 

スポンサーリンク
 

 

レイカーズの関連記事

調子良いデアンジェロ・ラッセルの活躍でレイカーズがバックスに快勝2015年12月16日

31得点のコービー・ブライアント、シーズンハイでウィザーズ破る!2015年12月3日