6ヶ月ぶりに復帰したカイリー・アービングが華麗なプレーを披露


今日のイチオシは、

 

カイリー・アービング(クリーブランド・キャバリアーズ)。

irving

Photo by David Kyle/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
76ers 25 13 22 26 86
キャブス 21 34 33 20 108
K・アービング 0 2 7 3 12

参考:ESPN

 

クリーブランド・キャバリアーズのホームにフィラデルフィア・76ersを迎えた現地20日の一戦。この試合でキャバリアーズのオールスターガード、カイリー・アービング(Kyrie Irving)が約6ヶ月ぶりとなる実戦復帰を果たした。NBAファイナル第1戦で左足の故障を経験して以来初めてユニフォームを着てコートに立ったアービングは語った。

 

「とても長い道のりだったけど、チームメイトとここでプレーすることが出来てとても嬉しかったよ」

 

17分という出場制限が設けられたが12得点4アシスト1リバウンド2スティール1ターンオーバーを記録した。最初の5本のショットを外したものの、その後は抜群のクイックネスを活かしたクロスオーバーやハンドリングを利用しながらレイアップや2本のスリーを成功させた(FG5-12)。

 

アービングのハイライト(3分14秒)

 

広告
 

第1Qこそシクサーズが上回ったが、その後はレブロン・ジェイムズやマシュー・デラベドバなどを中心に圧倒した。カイリーアービングは7得点した第3Qにクロスオーバーからのレイアップと絶妙なハンドリングを絡めたアウトサイドを沈めて5点連打し、62-40のリードに貢献した。キャブスはアービングなしでも上手くコントロールし17勝7敗を保ったが、彼が復帰したことによってよりアグレッシブなオフェンスやディフェンスが可能になるだろう。今やそのチームは昨シーズンのプレーオフ突入レベルの戦力を取り戻しつつある。大黒柱であるジェイムズは、

 

「準備は整ったね」

 

と語った。

レブロンジェイムズは23得点5リバウンド4アシスト3スティール、ケビン・ラブは10得点4リバウンド、J.R.スミスは8得点4アシスト、ティモフェイ・モズコフは8得点8リバウンド、途中出場のデラベドバは20得点2アシストだった。HCのデイビット・ブラッドはカイリーアービングをフルに活用するプランを立てているとのことだったが、アービングの出場時間の扱いにはとても慎重にマネージメントしていくとして具体的な時期などの明言は避けた。

10連敗のシクサーズはナーレンズ・ノエルが15得点12リバウンド、ジャリル・オカフォーは9得点8リバウンド、ケンダル・マーシャルは8得点4アシスト、ベンチスタートのサンプソンは10得点7リバウンド、T.J.マッカネルは10得点5リバウンド3アシストをマークした。

 

クリーブランド(18-7)は現地水曜日ニューヨーク・ニックスと、フィラデルフィア(1-28)は明後日メンフィス・グリズリーズと対戦する。

 

今日の好プレー

お!(ポール・ミルサップ、32秒)

 

ルビオのパス2本立て!!(30秒)

 

スポンサーリンク
 

 

キャバリアーズの関連記事

絶好調のケビン・ラブはキャバリアーズを牽引できるか2015/11/30