調子良いデアンジェロ・ラッセルの活躍でレイカーズがバックスに快勝


今日のイチオシは、

 

デアンジェロ・ラッセル(ロサンゼルス・レイカーズ)。

russel2

Photo by Juan Ocampo/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
バックス 25 21 20 29 95
レイカーズ 30 25 31 27 113
D・ラッセル 2 2 4 11 19

参考:ESPN

 

ロサンゼルス・レイカーズのホームにミルウォーキー・バックスを迎えた現地15日の試合。バックスにとっては開幕24連勝していたゴールデンステイト・ウォリアーズを破ってから初めてのゲームとなった。今日のその試合ではレイカーズのルーキー、デアンジェロ・ラッセル(D’Angelo Russell)がバランスの良い活躍を見せてチームの快勝に一躍買った。2015NBAドラフト2位のそのポイントガードは途中出場ながら19得点7アシスト4リバウンド3スティール1ターンオーバーを記録。13本中スリー2本を含む7本のFGを成功させた。ここ5試合のデアンジェロラッセルは平均17.4得点4.4アシスト2.8リバウンド1.6スティール2.4ターンオーバーで調子が良い。

 

デアンジェロのハイライト(3分14秒)

 

広告
 

前半をレイカーズ11点リードの57-46で折り返すと、第3Qも勢いが止まらず同Q残り5分39秒でコービー・ブライアントの4点プレーが成功し71-53に。その後も最大22点差(残り3分3秒、79-57)をつけるなど、ロサンゼルス優位のまま最終Qへ入る。

バックスはこの日16得点4アシストだったクリス・ミドルトンを中心に追い上げを見せるが、その第4Qにデアンジェロラッセルが11得点するなど追随を許さずレイカーズが勝利を手にした。

レイカーズはシーズンハイとなる26アシストと18オフェンスリバウンド、今季初となる7選手が2桁得点をマークし4勝目を手にした。

 

ブライアントは22得点(FG7-15)6アシスト、ロイ・ヒバートは12得点11リバウンド、ジョーダン・クラークソンは12得点6リバウンド、途中出場のジュリアス・ランドルは14得点14リバウンド、ニック・ヤングは10得点だった。左膝の痛みによりグレッグ・モンローが欠場したバックスのヤニス・アデトクンボは15得点6リバウンド5アシスト、ジャバリ・パーカーは12得点4リバウンド、ジョン・ヘンソンは6得点4アシスト、ベンチスタートのマイケル・カーター=ウィリアムズは19得点5アシスト5リバウンド、マイルズ・プラムリーは10得点8リバウンドをマークした。

 

レイカーズ(4-21)は明後日ヒューストン・ロケッツと、ミルウォーキー(10-16)は明日ロサンゼルス・クリッパーズと対戦する。

 

今日の好プレー

おお!、(ルディ・ゲイ、36秒)

 

リーチが長いよ、(ラリー・ナンスJr、30秒)

 

スポンサーリンク
 

 

レイカーズの関連記事

31得点のコービー・ブライアント、シーズンハイでウィザーズ破る!2015/12/03