2年目のT.J.ウォーレンが有力なシックスマンに成長中


目玉、

 

T.J.ウォーレン(フェニックス・サンズ)。

warren

Photo by Barry Gossage/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク
 

・サンズ期待の若手

レギュラーシーズン9勝13敗としているフェニックス・サンズ。エリック・ブレッドソー(1試合平均21.9得点)とブランドン・ナイト(同21.4得点)のバックコートコンビがチームを牽引し、サンズの平均得点はリーグ3位の105.5得点をマークしている(一方のディフェンスはリーグ26位の105.2失点…)。13敗と負けが先行しているものの、チームには22歳のアレックス・レンや19歳のデビン・ブッカーなど若手のホープが早くも活躍し始めポジティブな兆しもみられている。そんな中で今回は同じく将来が期待され実力を付けつつあるNBA2年目22歳のT.J.ウォーレン(T.J. Warren)を紹介。

 

去年のNBAドラフトにおいて1巡目14位でサンズに指名されたスモールフォワードのウォーレンはノースカロライナ州立大(North Carolina State University)の出身。同大学には2シーズン在籍し、NBA入りする前の2年次にはチームの主力として平均24.9得点7.1リバウンド1.1アシスト2.4ターンオーバーを記録している。アウトサイドには積極的ではないがFG成功率は52.5%をマークしスコアラーぶりを見せしめた。所属カンファレンスの年間最優秀選手やファーストチームに選出されるなど評価も上々。オフェンスに加えてディフェンスもそこそこ上手く即戦力として楽しみなプレーヤーだった。

 

コーチから最優秀に選ばれたよと言われた時、なんかこの感じ良いですね(^^)(24秒)

 

広告
 

・サマーリーグが良かったんよ

ルーキーシーズンとなった2014-15シーズンは40試合に出場した。TJウォーレンは平均15.4分6.1得点をマーク。出場機会はそれほど多くは無かったが、FG成功率52.8%を残しNBAで通用するオフェンスであることを示した。

ウォーレンが大きく注目を浴びたのは今夏のサマーリーグ。ラスベガスで行われたこのリーグで彼は7試合に先発し平均29.7分18.7得点3.6リバウンド1.3アシスト1.1スティール1.1ブロック2.1ターンオーバーを記録。FGも54%と高確率で沈め、ダグ・マクダーモット、セス・カリー、カイル・アンダーソン、ノーマン・パウエルらと共にサマーリーグ全体のファーストチームに選出された。

 

そのサマーリーグでの一コマ(1分54秒)

 

・シックスマン・オブ・ザ・イヤー

2年目となる今季でTJウォーレンは即戦力と認識させる以上のポテンシャルを秘めていることを示している。21試合すべて途中出場で平均22.2分11.6得点(FG成功率53%3P成功率41.7%FT成功率77.8%)3.3リバウンド0.8アシスト0.9ターンオーバーを記録。シックスマンの役割としてブレッドソーとナイトに次ぐスコアラーであり、FGの成功率の高さは言うまでもない。1試合平均9.5本放つシュートのうちアウトサイドは1.1本とかなり少ないが、スリーは昨季の23.8%から41.7%に向上している。203センチ104.3キロでサイズにも恵まれフィジカルもあり、イージーなショットを打つための動きやテンポがとても良い。ファストブレイクでも率先してチームを牽引し流れに勢いを与えている。ディフェンスは平均並みといったところだが、次のステージに上がるためには優先して向上させるべきポイントとなるだろう。ディフェンスが向上しオフェンスもこのレベルをスタンダードにこなせればシックスマン・オブ・ザ・イヤーの候補にも名前があがりそうだ。

 

しかしながら、現在スタメンのP.J.タッカーよりも”ホット”になればスターターとして起用されるパターンも十分あり得るので、いずれにせよウォーレンの今後に注目していきたいところ。現段階でのベストゲームは11月27日のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦(負け)。35分出場しキャリアハイとなる28得点と6リバウンド2アシスト2スティール2ターンオーバーを記録。FG16本中12本を成功させた。加えて、11月29日のトロント・ラプターズ戦(勝ち)ではキャリア初ダブルダブルとなる15得点11リバウンドでチームの勝利に貢献したことも付け加えておきたい。レッツゴーTJウォーレン!(‘ω’)ノ

 

28得点のウォリアーズ戦(2分23秒)

 

スポンサーリンク
 

 

2015サマーリーグファーストチームのメンツ記事

攻撃力のある2年目ダグ・マクダーモットの見えてきた課題とは2015/11/29

オールラウンドなカイル・アンダーソン ブレイクが待ち遠しい2015/11/26

サンズの関連記事

シーズンハイのミルザ・テレトビッチが18分でスリー6本を決めラプターズに勝利2015/11/30

ブランドン・ナイトがキャリア初トリプルダブル達成しチームも3連勝2015/11/17