31得点のコービー・ブライアント、シーズンハイでウィザーズ破る!


今日のイチオシは、

 

コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)。

kobe

AP Photo/Nick Wass

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
レイカーズ 34 23 21 30 108
ウィザーズ 22 29 24 29 104
K・ブライアント 7 11 1 12 31

参考:ESPN

 

ワシントン・ウィザーズのホームにロサンゼルス・レイカーズを迎えた現地2日の試合。引退を表明してから2試合目となるレイカーズのコービー・ブライアント(Kobe Bryant)がエースに相応しい活躍を披露し大いに会場を賑わせた。コービーは36分出場しシーズンハイとなる31得点と3アシスト2リバウンド1スティール2ターンオーバーを記録。24本中10本のFGを成功させ、FTも8本のうち7本を沈めた。昨日彼のホームタウンであるフィラデルフィアで行われた試合では、無勝だったフィラデルフィア・76ersに負けコービーは20得点をマークしていた(FG7-26)。

 

31得点のウィザーズ戦ハイライト、かっこいいなあ(1分36秒)

 

広告
 

コービーブライアントは試合開始から放ったシュート9本のうち5本を決めるなど好調だったが、そこから4Qに再びリズムを取り戻すまでに6本連続でシュートを外した。4Qには12得点記録するなど勝敗を決める重要な場面でも臆することなく自身の役割をこなしてみせた。

78-75のレイカーズリードで突入した最終Q残り58秒で、マーチン・ゴータット越しにコービーがスリーを沈めて101-99の2点リード。ウィザーズのシュートが成功し101-101の同点になるが、残り30.8秒でコービーがブラッドリー・ビールとの1-1をタフなプルアップジャンパーで制し、再びシュートを決めた。レイカーズはその後のフリースローもしっかり沈めて勝利をつかんだ。

 

ジョーダン・クラークソンは18得点4リバウンド3スティール、ジュリアス・ランドルは15得点とキャリアハイの19リバウンド、デアンジェロ・ラッセンルは13得点4リバウンド4スティール、シックスマンのルー・ウィリアムズは12得点4アシスト7スティールだった。昨日のクリーブランド・キャバリアーズ戦に勝利したウィザーズはジョン・ウォールが34得点11アシスト7リバウンド2スティール、ゴータットは18得点10リバウンド、ビールは11得点6アシスト、オット・ポーターは7得点6リバウンド、途中出場のクリス・ハンフリーズは9得点4リバウンドをマークした。

 

レイカーズ(3-15)は明後日アトランタ・ホークスと、ウィザーズ(7-9)は明後日フェニックス・サンズと対戦する。

 

スポンサーリンク