ロンディ・ホリス=ジェファーソンは新人トップクラスのディフェンダー


ディフェンスが売りの、

 

ロンディ・ホリス=ジェファーソン(ブルックリン・ネッツ)。

ronde

Photos by Layne Murdoch/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク
 

・ロンディホリスジェファーソンとは

ブルックリン・ネッツに所属している新人、ロンディ・ホリス=ジェファーソン(Rondae Hollis-Jefferson)はディフェンシブなプレーヤーとして今後が期待されている。201センチ99.8キロで主にシューティングガードとスモールフォワードのポジションでプレーする彼はカレッジバスケの名門アリゾナ大(The University of Arizona)出身。2015年のドラフトで1巡目全体23位でポートランド・トレイルブレイザーズに指名されたがすぐにその権利はブルックリンへトレードされた。アリゾナ大でプレーした最後のシーズンとなった2年次には平均11.2得点6.8リバウンド1.6アシスト1.2スティール1.6ターンオーバーを記録している。パシフィック12カンファレンスのディフェンシブチームやファーストチームに選出された経験を持つ。ちなみに背中には自らのタトゥを入れており、その絵には歩んできたストーリーが内包されている。

 

 

広告
 

今夏のラスベガスで行われたサマーリーグではジェファーソンは5試合に出場し平均27.8分11.2得点6.6リバウンド1.8アシスト1.4スティール1.2ブロック2.6ターンオーバーを記録。スコアラータイプの選手ではないがリバウンド、アシスト、スティール、ブロックにおいて素晴らしいスキルとセンスを兼ね備えたプレーヤーであることを示した。

 

簡単な紹介(1分54秒)

 

レギュラーシーズンでは15試合に出場し10試合で先発。平均21.8分5.4得点(FG成功率50%)6リバウンド1.6アシスト1.5スティール1.3ターンオーバーをマークしている。抜群の運動能力から表現されるディフェンスはルーキーの中でもトップクラスで、ゆくゆくはエースストッパーの職人として活躍することが求められている。課題はアウトサイド(3P成功率20%)とフリースロー(61.5%)になるだろう。ロンディホリスジェファーソンの今のところのベストゲームは11月22日のボストン・セルティックス戦だと思う。先発から31分出場し9得点7リバウンド4アシスト5スティール1ブロック1ターンオーバーを記録するなどオールラウンドな活躍を見せチームの勝利に貢献した。なんかノリもよさそうなのでいろいろ楽しみな選手です(^^)

 

そのボストン戦(2分18秒)

 

スポンサーリンク
 

ブルックリンネッツの関連記事

Vol.49 ボヤン・ボグダノビッチ22得点でネッツ今季初勝利2015/11/12

新たな風を吹き込む、シェーン・ラーキン2015/11/11