39得点のケンバ・ウォーカーが20アシストのロンド率いるキングス破る


今日のイチオシは、

 

ケンバ・ウォーカー(シャーロット・ホーネッツ)。

kemba2

AP Photo/Chuck Burton

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q OT
キングス 30 30 31 21 10 122
ホーネッツ 33 27 14 38 15 127
K・ウォーカー 7 5 2 21 4 39

参考:ESPN

 

「試合に勝つためにあらゆることをしたよ。アグレッシブになって良いプレーをし続けようとしたんだ。それが心掛けていたすべてのことだね」

 

現地23日のオーバータイムにもつれたシャーロット・ホーネッツとサクラメント・キングスの一戦で、逆転勝利の主役を演じたホーネッツのケンバ・ウォーカー(Kemba Walker)は試合後こう語った。ウォーカーはシーズンハイの39得点と6リバウンド5アシスト2スティール3ブロックの活躍。39得点のうち21得点を第4Qにたたき出すなど大暴れした。

 

ケンバのハイライト(1分56秒)

 

広告
 

74-91で迎えた第4Qに3本のスリーを含むFG9-10を成功させ、同時に4リバウンド1アシスト1ブロックもマークしたウォーカーを中心にシャーロットは巻き返し、試合時間残り0.7秒でケンバウォーカーのレイアップが成功112-110。勝ったかに見えたが、この日14得点20アシスト8リバウンド4スティールを記録したレイジョン・ロンドのアシストがルディ・ゲイのタップショットを導きオーバータイムに突入した。しかし、キングスは怒涛の追い上げをみせたシャーロットの勢いを止めることは出来ず、ホーネッツが今季8勝目を手にした。

 

ウォーカーとゲイの取り合い(1分18秒)

 

ニコラス・バトゥームは18得点10リバウンド8アシスト、ジェレミー・リンは14得点3アシスト、ジェレミー・ラムは11得点5リバウンド、コーディ・ゼラーは12得点6リバウンドだった。3P成功率が25.8%(8-31)と低調だったサクラメントのデマーカス・カズンズは30得点11リバウンド3ブロック、ルディは28得点10リバウンド、ベン・マクレモアは10得点、途中出場したマルコ・ベリネリは17得点3アシストを記録した。

 

ホーネッツ(8-6)は明後日ワシントン・ウィザーズと、キングス(5-10)は明後日ミルウォーキー・バックスと対戦する。

 

スポンサーリンク
 

 

ホーネッツの関連記事

ニコラス・バトゥームが新天地でかなり奮闘してる2015/11/16

スリーポイントで勝負、P.J.ヘアストン2015/10/23

調子が良いホーネッツの、ジェレミー・リン2015/10/12