イシュ・スミス アシスト急増でリーグ4位


うなぎ登りの、

 

イシュ・スミス(ニューオリンズ・ペリカンズ)。

ishsmith

Photo by Andrew D. Bernstein/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク
 

・リーグ4位のアシスト

最近活躍が著しいニューオリンズ・ペリカンズのイシュ・スミス(Ish Smith)。イッシュスミスかも分かりませんがイシュスミスでお願いします。スミスは足の負傷で様子見となっているスターターのジュルー・ホリデイを刺激させるパフォーマンスを披露している。

ここまでの8試合に出場しホリデイの状態によって2試合では先発した。平均28.4分10.1得点8.4アシストを記録しており、NBAのアシストランキングで4位につけている。スミスよりも多くアシストを記録しているのはラッセル・ウエストブルック(10.9)、リッキー・ルビオ(9.0)そしてレイジョン・ロンド(8.6)の3人しかいない。

 

広告
 

・最近の4試合

特筆したいのは最近の4試合。11月6日のアトランタ・ホークス戦では8得点とキャリアハイの11アシストを記録。7日のダラス・マーベリックス戦では7得点7アシスト、10日の再びダラスとの試合では17得点12アシストでキャリア初となるダブルダブルとキャリアハイの12アシストをマークし勝利に貢献した。さらに今日行われたホークス戦では18得点10アシストで2試合連続のダブルダブルを達成。この4試合でのスタッツ平均は33.3分12.5得点10アシスト4.8リバウンド1.5スティール1.8ターンオーバーとなっており、次の試合でもインパクトを残せるか期待がかかる。

 

ダラス戦で17得点12アシスト(2分57秒)

 

・それいけ

今季でNBA6年目となる27歳のイシュ。ドラフトには指名されなかったが2010-11シーズンからキャリアをスタートし、いわゆるジャーニーマンとして10チームを渡り歩いている。183㎝の彼は良いパサーとしてチームのオフェンスをテンポよく回すことが出来ており、特にアンソニー・デイビスを中心としたフォワード陣を上手く攻撃に絡めるプレーを得意としているようだ。ペリカンズの次の試合は現地14日のトロント・ラプターズ戦で、2013年にオールスターに選ばれたホリデイの状態にもよるが、スミスのプレーに注目していきたいところ。

 

昨季シクサーズ時代、クロスオーバーからの合わせ!(31秒)

 

スポンサーリンク