バックス4連勝 グレッグ・モンローが引っ張る


今日のイチオシは、

 

グレッグ・モンロー(ミルウォーキー・バックス)。

greg

AP Photo/Morry Gash

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
ネッツ 24 20 17 25 86
バックス 18 26 23 27 94

参考:ESPN

 

ミルウォーキー・バックスのホームにブルックリン・ネッツを迎えた一戦。この試合はバックスのセンターであるグレッグ・モンローが終盤でオフェンスの起点となりチームの勝利に貢献した。

67-61のバックス6点リードで突入した最終Q。試合時間残り3分51秒で今日20得点を記録したモンローが初めてのアシストをジョニー・オブライアント三世に決め85-72。モンローはその後さらにフリースロー2本を沈め、この日2本目となるアシストをジェリッド・ベイレスの3Pで記録した。90-75とすると今日ベンチスタートながら19得点10アシストを決めたベイレスがレイアップを決め勝負を決定づけた。

終盤オフェンスのハブとなったグレッグモンローは試合後語った。

 

「チームメイトを見つけようとしたよ。俺はポストでボールを持った時はいつでも初めに仲間を探すんだ。今日のジェリッドがオープンだったように、誰かが動いていないかとかカットインしていないかとかね。そうではなかったら俺がアグレッシブにいくだけだよ。」

 

広告
 

ヤニス・アデトクンボは11得点6リバウンド、クリス・ミドルトンは14得点7アシスト9リバウンド、復帰したジャバリ・パーカーは24分コートに立ち8得点2リバウンドだった。ポイントガードのマイケル・カーター=ウィリアムズは足首の負傷で3戦連続欠場した。開幕7連敗となったネッツはブルック・ロペスが20得点4リバウンド、サディウス・ヤングが18得点13リバウンド、途中出場のボヤン・ボグダノビッチは13得点だった。ロペスは右足の痛みにより第4Qは出なかった。

 

3連敗のあと4連勝中のバックス(4-3)は現地火曜日にボストン・セルティックスと、ブルックリン(0-7)は現地水曜日にヒューストン・ロケッツと対戦する。

 

今日の好プレー

アンソニーデイビスをブロック、飛躍してる、(ジェレミー・エバンス、35秒)

 

〆はこれ、(デアンドレ・ジョーダン、33秒)

 

スポンサーリンク
 

 

バックスのメンツの関連記事

バックスの中核、K・ミドルトン

頭角を表す将来のMVP候補 バックスのG・アデトクンボ

只今好調なG・バスケス