ハッサン・ホワイトサイドが25得点15リバでロケッツに黒星


今日のイチオシは、

 

ハッサン・ホワイトサイド(マイアミ・ヒート)。

hassan

Photo by Issac Baldizon/NBAE via Getty Images

 

スポンサーリンク
 

1Q 2Q 3Q 4Q
ロケッツ 35 28 12 14 89
ヒート 30 14 31 34 109

参考:ESPN

 

マイアミ・ヒートのホームにヒューストン・ロケッツを迎え入れた今日の一戦。

第1Qは両者のオフェンスが好調でハイスコアな試合となっていたが、ハーフタイムが終わった後一時44-65とマイアミが21点を追いかける展開に。

振り返ってみると確かにその追いかける展開は一時的なものであった。

第3Q、第4Qともにヒートのオフェンスが勢いづき、21点差を付けられた後65-24と圧倒的な猛攻でこの試合のスタートダッシュに成功した赤いロケットを撃ち落とした。

ヒートのセンター、ハッサン・ホワイトサイドは34分出場し両軍最多の25得点15リバウンドを獲得。得意のディフェンスでも3スティール2ブロックと存在感を示した。ドウェイン・ウェイドは20得点8アシスト、クリス・ボッシュは10得点(すべて4Q)8リバウンド。途中出場した若手のタイラー・ジョンソンは21分で11得点8リバウンド、新人のジャスティス・ウィンスロウは10得点をマークした。

 

ホワイトサイドのハイライト(2分9秒)

 

広告
 

開幕3連敗を喫したヒューストンはシューティングガードのマーカス・ソーントンがチーム最高の21得点、エースのジェームズ・ハーデンはFG15-2と振るわず(特に3P10-0)16得点7アシストだった。センターのドワイト・ハワードは休養のため欠場したが明日のオクラマホシティ・サンダー戦には復帰する見込み。

ロケッツのケビン・マクヘイルHCは試合後語った。

「プレシーズンでもレギュラーシーズンのここまでの3試合でも我々は上手くプレーできていないが、全力で戦い我々のリズムを見つけ出していくだけだ」

 

ロケッツ(0-3)は明日サンダーと、マイアミ(2-1)は明後日アトランタ・ホークスと対戦する。

 

ハッサンホワイトサイドいいね!

 

今日の好プレー

タイトなダンクです(エイブリー・ブラッドリー、33秒)

 

もちろんダンクが圧巻なんですけど、その後の一瞬スティールを狙うフェイクもいいですね(ラッセル・ウエストブルック、30秒)

 

スポンサーリンク
 

 

ヒートの関連記事

エナジーの、タイラー・ジョンソン

Vol.37 ジェラルド・グリーンが活躍しロケッツに逆転勝利

Vol.32 H・ホワイトサイドが12ブロックを含む初トリプルダブル